ビビリな私の【1人野球観戦】メソッド。私はこうやって楽しんでます

  • みんな誰かと来てる中、1人で野球観戦するのはソワソワする
  • 隣の人が、相手チームのユニフォーム着てたらどうしよう

普段から1人でも野球観戦に出かける私ですが、頭の中は結構不安でビビってます。

だけど何回か行くうちに、自分なりの対処方法ができてきて1人でも楽しめるようになりました。

昔の私のように「1人で行くのは勇気がない」と思っている方に向けて、私の「こうすれば大丈夫だよ!」という方法を紹介します。

プロ野球は筋書きのないドラマ。同じ試合は二度と見られません!!

私は毎回「来てよかった~」って思いながら帰ってます。

ビビリな私のチケット準備方法

※既にチケットをお持ちの方は、次の見出しまで読み飛ばしてください。

私は1人で観戦に行くときは、どこの座席か事前にわかっておきたいので、

座席を自分で選びながら購入できる、球団が運営しているチケットサイトで買います。

通路側なのか?そうでないのか?

隣の方に「ちょっと、ごめんなさい」って言わずに座れるかどうかがわかっているだけでも、入りの気持ちが全然違うので。

私が普段使っているチケット購入先

こちらのサイトは実際に座席図を見ながら、チケットを購入できます。

※私が1人で行くときに実際に使用したことのあるチケットサイトだけ書いてます。

スポンサーリンク

どちらのファンにも見えない観戦準備

これが私の普段の観戦バッグです。(春先の寒いときのです)

私はカープファンですが、ユニフォームや観戦グッズ類の「この人はカープファンなのね」とわかるものはすべて中身が見えない袋に入れます。

↓↓↓↓↓

「この座席は○○ユニフォームしか着てはいけません」という、応援チームが指定されている席以外は、服装は自由です

とはいえ、前後左右に相手チームのユニフォームを着た方がいる中で、私は1人だけ赤を着るのはどうもソワソワしてしまう。

なので、カープグッズを身に付けるかどうかは、球場に着いて前後のお客さんの雰囲気を見て決めています

周りも同じカープファンなら着るし、誰もいないなら「ただ野球が好きな人」として振舞います。

無理そうな来場者イベントの時間はトイレ

たまに、来場者イベントが開催される試合があります。

特別なことがある場合は基本的に、試合前に何度もアナウンスが流れるので、

「そのテンション高そうなイベントは無理だ!」と思ったら、その時間はトイレ休憩か、球場内をブラブラする時間にしています。

私の初めて話私が初めて1人で行った試合は、東京ドームの「みんなでアフロデー」でした。

私は事前にホームページで見ていたので、入場時に配られたオレンジアフロも「いりません」とサっと通り過ぎて、

5回裏のみんなでオレンジアフロをかぶるイベントはトイレ休憩にしました。

イベントに参加せず、1人だけ空気を読まずに座っているのも水を差すようで忍びないので、スっと姿を消す作戦で凌ぎました。

到着したら人間観察。雰囲気と合わせて応援解禁

座席に到着したら、私はまずは人間観察。

  • 誰のファンか?
  • どのくらい応援するお客さんか?
  • 点が入ると周りとハイタッチしたいタイプか?

このあたりの雰囲気を伺います。(ユニフォーム着ても大丈夫そうなら、着ます)

試合が進むとだんだん場の雰囲気に慣れてきて、「みんな野球を見に来ていて、隣の私のことは誰も気にしてない!」という気持ちになってくるので

私は、小さく拍手をしたり、応援歌を口パクで歌ってみる所から解禁して、

「あ、イケる!」と思ったら、応援バットを取り出して、応援歌やチャンステーマの声のボリュームを上げています。

私の初めて話私が初めて行った試合は、前がジャイアンツファンの仲良しグループ、後ろがジャイアンツファンのご夫婦が座っていたので、カープのユニフォームを着るのは諦めました。

「今日は静かに見よう!」と思っていたんですが、1回表のいきなりカープ先制のチャンス。

新井さんのタイムリーで菊池くんがホームにスライディング。タッチプレイがリプレイ検証という、いきなり大興奮の場面があり、審判からの「セーフといたします」という説明に嬉しくて思いっきり手を叩いてしまい。。。

始めは「やっちゃった」って思ったんですけど、そのあとの誠也くんのタイムリー、エルさんのタイムリー、小窪さんのタイムリーに色々抑えられなくなり、気が付けばいつも通りの応援をしていました。(応援バットは持って行ってなかったんですが、途中で手が痛くなったので、結局売店で買いました)

始めは「カープファンに見えないように」って頑張るんですが、試合が始まると「気が付いたら結構応援してる」というのがいつものパターンです・・・

誰かと話したい時は帰り道を狙え!

グループで来ていたり、楽しく応援している周りを見ていると、私は毎回「ちょっとだけ誰かと喋りたい」という気持ちになります。

とはいえ、こんなにビビリな性格なので、自分から積極的に誰かに話しかけたりはできないんですが、

試合終了後、帰り道は誰かと会話になりやすいです。

勝ったチームのお客さんは、ヒーローインタビューを見るのに残りますし、負けたチームのお客さんはサッと帰る場合が多い。

応援するチームによって帰るタイミングが違う、試合を見てテンションも上がっているので、比較的会話に発展しやすい空気になっている気がします。

たまたま目が合った方と「今日は良かったね~」とか「残念だったね~」、応援ユニフォームを見て「ホームラン見れて良かったですね~」

1人で行った日も、このくらいの会話はして帰る時が多いです。

私の初めて話私が初めて1人で行った試合は、カープが勝ちました。9回表に逆転する、劇的な勝ち方だったのでニコニコしたカープファンがとても多かったです。

この日のヒーローインタビューは逆転タイムリーの丸さんでした。

私の両隣はずっと空席だったんですが、3席はさんだ隣に1人、カープのユニフォームを着た女性がいらっしゃって、席を立つ時に目が合ったので「カープ勝ちましたね~」と会話をして、一緒に東京ドームの入り口まで帰りました。

まとめ

  1. 座席を事前に確認しておく
  2. カープファンに見えない準備
  3. テンションが無理そうな時間は席を立つ
  4. 応援の温度は周りと合わせる

かなりビビりの私が1人観戦の時にやっていることを書いてみました。

私は20試合以上1人で観てますが、この4つをやることで、かなり安心して野球観戦ができてます。

野球観戦、1人で行くのはどうかな?大丈夫かな?と迷われている方に「自分も行ってみようかな」と思って頂けたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

17 − thirteen =