好きなものを、好きなだけ追いかけながら働きたい!

カープと両立できる仕事の探し方

こんにちは。寺谷みずきです。
私は今、在宅で、フリーランス(個人事業主)として仕事をしています。

2017年の春までは、
フルタイム勤務の会社員をしていました。
その会社を辞める時、強く思ったのが

みずき

次の仕事は、プロ野球シーズンに
毎日18時からテレビの前に座ってカープが見られる仕事にしよう

 

あれから1年半。
2018年シーズンのカープ、私は仕事をしながら
ほぼ全試合をテレビ、球場で見ることができました。
(※2試合だけ、カープがあるのに間違えて仕事入れてしまいました。大失敗。。。)

 

どうやって、私がプロ野球と両立できる仕事を見つけたのか。
書いていきたいと思います。

 

野球と両立できる、仕事探しの第一歩

 

1.労働条件を交渉

引っ越しだったり、仕事だったり、人生の次のステップに進もうとするときって
大抵の人は「次の仕事を決めてから(もしくは目途を付けてから)」仕事を辞めると思うんですが、

私の場合は、納得のいかない会社都合の人事異動に、キーーーっ(怒)となって会社を辞めたので(この話はまた追々・・・)

2017年5月時点、私は世間一般で言う、失業者でした。

とりあえず、退職の時に案内をされた通りにハローワークへ失業者認定をしに行って思ったのは・・・

みずき

私のおったIT企業はどこも人手不足、人手不足言いよるのに、失業者ってこんなにおるん!???
求人情報もこんなにあるのに、これって一体どういうことなん!???

求人も、失業者も、どちらもものすごい数なんだってことにビックリしました。

(転職経験はあるけど、いつも切れ目のないように退社日・入社日を合わせていたので、これが初めてのハローワークでした)

 

ってことはですよ?
企業側も人を探すのに必死ってこと。

ってことは、、、

私がその企業にとってめちゃくちゃ仕事デキる人なら、多少のワガママなら聞いてもらえるんじゃないの!???

 

ポジティブ思考すぎる私は

良い人がなかなか来なくて困ってそうな求人を出している企業に対して、
プロ野球が始まる時間には絶対に帰れるように、労働条件の交渉をしました。

 

2.私のことを好きな人に退職報告

私は社会人歴11年です。

11年も会社員をしていれば、私の仕事っぷりをすごく好きだと言ってくれる人もたくさん居ました。

私のことを買ってくれてる人たちに、会社を辞めたと報告しました。

私が居たIT業界は、だいたいどの企業も人が足りなくて、「常にいい人いたら紹介して」状態なのは分かっていました。

だから、「私と一緒に仕事をしたい」と思ってくれてる人の所が、人手不足なら。

確実に私のことを雇ってくれると思ったし、野球が見たいというワガママも通りやすいと思いました。

 

3.在宅ワーク紹介サイトに登録する

在宅で仕事ができるなら、野球は絶対見られるし、間違いない。

パソコンとインターネットの技術が発展しているいま
パソコンだけで完結できる仕事はたくさん存在していて、仕事を仲介してくれるサイトがあります。

私は3つの在宅ワークを紹介サイトに登録しました。

4.ふるさと回帰支援センターにいく

私は、元々東京の会社で働いていたので、会社辞めた時には「広島に帰る」という選択肢もありました。

そこで足を運んでいたのが、東京・有楽町にあるふるさと回帰支援センターの広島県移住相談ブース。

東京で、広島移住者を増やすための説明会やら、イベントやら、広島県は結構色々やっていたので、私もイベントに参加して、広島で働く時の情報収集をしました。

広島県は結構頑張ってます↓

広島県移住サポートメディア・ひろびろひろしま
https://www.hiroshima-hirobiro.jp/

 

 

”カープを優先して働きたい人”徐々に広まる

  1. 労働条件を交渉
  2. 私のことを好きな人に退職報告
  3. 仕事紹介サイトに登録する
  4. ふるさと回帰支援センターにいく

一番に仕事が決まったのが、②私のことを好きな人に退職報告でした。

私のことを知ってる相手だったから、履歴書も不要。

元同僚

ちょうど忙しかったんだよ~!!大丈夫なら、明日から手伝いに来て!
カープが見たい?もちろんもちろん!カープがない暇な時だけ、来てくれればOKだから~~~!

そんな感じで、会社を辞めてすぐに仕事が決まりました(笑)

ただ、この仕事は忙しいとき限定のアルバイト契約。
一時的にはお金は稼げるけど、またいつ無職になるかわからない状態です。

だから、ハローワークで気になる求人は応募しつつ、在宅ワークも応募しつつ、カープも見つつ、仕事していました。
(働いているので失業保険はもらえないけど、アルバイトだから求人は見に来て良いし、応募もできるよってことだったので)

 

すると、ぼちぼち種を蒔いていたことが実り始め、

ハローワークで応募した求人で、”カープが見れる条件なら働く”って言う条件が通ったり、
クラウドワークスで仕事が決まったり、
別の元取引先の方から仕事をもらえたり、
広島県の移住セミナーで知り合った方から仕事もらえたり、

1つの仕事が終わったら、次の仕事、という感じで、色んな方面からの仕事が入ってくるようになりました。

 

これが2017年の12月くらい。

「このままフリーランスでやっていけそうだな」と思ったので、
2018年1月1日付で個人事業主として開業届を提出しました。

 

好かれればこっちのもの!

 

さすが”人材不足”と言われてるだけあって、

一度ご縁ができると、こっちもお願い、あっちもお願いって、、、元々失業者だった私も、あれよあれよと忙しくなっていました。

だから、

ここまで引き受けたらカープ見られなくなるから、って仕事を断ったり

これは大変だから、もっと高い金額じゃないと嫌って、値段の交渉をしたり

仕事が選べる状況ができて、

結果的に、2018年は複数の仕事を組み合わせながら、カープ生活を送ることができました。

 

会社を辞める前の第1歩として

 

私はいきなり会社を辞めて、無職だったので(笑)色んなルートから仕事を得ながらここまで来ましたが、

「まだ会社を辞める勇気はないけどいずれは在宅で仕事がしたい」

そういった方は、前で紹介した「在宅ワークの紹介サイト」これに登録して、情報収集されると良いかと思います。

どのサイトも、プロフィール登録してって言われますが、後からでも編集できるので、まずはサラっと登録すればOKです。

アンケート回答するだけで、とか、入力するだけで、とか、そこまでお金にならない案件も出ているので、それなら会社の税金に引っかからないですし(笑)

色々やりながら、自分はどのサイトなら仕事しやすいか?

どんな案件が在宅でやれるのか?(在宅で仕事するにはどんなスキルがあれば良いのか?)見てみると良いかと。

 

私のオススメはクラウドワークス

 

私は、この3つのサイトの中ではCrowdWorks(クラウドワークス)さんが一番仕事を受注できてます。

ビズアシスタントと言う、面接に通れば手数料ナシで長期で働けるという案件があるので、ここに1度通ればありがたい感じです。


とは言え、全てはご縁です

 

私も始めは、会社員時代にお世話になった方から仕事がスタートしましたが、実際に仕事してるのって

 

  • CrowdWorks(クラウドワークス)のプロジェクトで一緒になって仲良くなった、大阪の社長
  • 広島県の移住サポートで紹介してもらったIT企業と、同じビルに入っているIT企業
  • ブログ繋がりで仲良くなった人が働いている会社の社長の友達
  • 1年前にハローワークの求人で面接してもらって、1回落ちた会社
  • ハローワークで紹介された会社の社長が持っていた、別の仕事

 

こんな感じの、全てはご縁で生まれた仕事ばかり、です。

本当にね、いつ、どんなご縁があるかわかりません。

だから、私はどんな仕事も、相手に「この人と一緒に仕事がしたい」そう思ってもらえるようにやってます。

ほんとにね、何が起こるかわかりませんから(笑)

私は「この人イイな」って思ってもらえる自分でいることを、心がけて日々過ごしています。