鈴木誠也のド根性を観て、勝利の風船を準備するのをためらったお父さんがいた。

 

2017年6月10日・楽天koboスタジアム宮城で行われた
カープvs楽天戦。

 

誠也くんに自打球が当たり
球場が騒然となったシーンがありました。

 

それを私、
3塁・楽天応援側で観ていたんですが

 

この日は楽天が勝ったにも関わらず
楽天ファンのお父さんが
私ととてもとても
幸せな気持ちにさせてくれました 😉

 

 

4番のド根性!自打球激痛のあとに3塁打

 

この日の鈴木誠也の第1打席。
誠也くんになんと、
痛烈な自打球が!

 

あまりの痛がり方に
会場は騒然。
カープベンチも
かなり心配そうに見ていました。

 

私としても
「ケガしてないよね?」
とにかく不安に見ていたのですが

 

そこで、誠也くんはなんと
痛い左足の裏を地面にたたきつけて
気合を注入するという
とんでもないド根性を見せました。

 

その打席は三振に終わりましたが、
次の打席では、
フェンス直撃の打球を放つと
3塁まで激走&スライディング。

すぐにファンの不安を
一蹴してくれたんです。

 

このシーンは
ニュースにも上がりました。
デイリースポーツ

 

この日最後のバッターも鈴木誠也

 

 

9回2アウトランナー2塁。
1打同点の場面で
打席には今日”ド根性”を見せた
鈴木誠也。

 

この時点で3塁・楽天応援側は白いジェット風船が
たくさん準備されてたんですけど

 

私の前に座っていた、
楽天ファンのお父さんだけは

「次は鈴木誠也だから、まだわからない」

って、
勝利のジェット風船の準備を
しなかったんです。

 

結果はセンターフライで
ゲームセットだったんですけど

 

お父さんのこの言葉が嬉しくって。
あったかい気持ちで球場を出ました 😀

 

 

 

カープの新4番、鈴木誠也。
これからも色んなもの見せてくれそうです。

 

この日のハイライト動画は
こちらにあがっています^^
パリーグTV

 

▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す