インスタに「野球観戦の楽しみ方」
投稿中!

カープウォール、2019年は宇宙!【カープロードの歴史】

こんにちは。寺谷みずきです。

広島駅からマツダスタジアムへ向かう道、カープロード

毎シーズン、様々な絵柄で展開されるのですが

2019年のカープウォールは宇宙でした!

こちらは過去記事です

初めて行かれる時にワクワクして頂きたいので

このブログでは敢えて、シーズンが終わった後(新しい物に代わる前)に記事を作成しています。

プロ野球がお好きな方に、カープの歴史を感じて頂けたら嬉しいです!

カープロード・カープウォールとは?

まず、「カープロード」ですが

広島駅から、広島東洋カープの本拠地・マツダスタジアムへ向かう道のこと、です。

徒歩で15分ほどの道のりですが、途中から

カープ選手紹介のパネルや、イラストが飾られています。

イラストが描かれている壁が「カープウォール」と呼ばれています。

マツダスタジアムへの行き方

MEMO

広島駅南口を出て、左手に線路沿いに歩いていくと約15分ほどでマツダスタジアムに到着します。

歩きながら左側を見ると、カープの選手紹介パネルや、カープウォールが展開されています。

カープロード

スポンサーリンク

2019年カープウォールは「宇宙」

この年のキャッチフレーズ、「水金地火木ドッテンカープ」に合わせて

宇宙にいるカープ選手達が描かれていました。

では、イラストを1つずつ紹介します。

キャッチフレーズロゴと宇宙船

イラスト1つ目は、キャッチフレーズとC型宇宙船でした。

誠也くんの「鈴木誠也」座

イラスト2つ目は、背番号が1に変わった鈴木誠也選手が星座に!

宇宙から松ちゃんマン

3枚目は、松ちゃんマン!松山選手が宇宙からダイヤモンドを運んで来た!

キク星人に遭遇?

4枚目は菊池涼介選手。これはカープ坊やが宇宙人(キク星人)に会いに行った設定かな・・・

宇宙飛行中の中﨑&上本

5枚目は宇宙服を着て、無重力状態の中﨑投手と上本選手。

真顔で浮かぶ中﨑くんが面白い。

食卓を囲むジョンソン一家

6枚目は土星の食卓を囲む、ジョンソン一家。

父役がカープの柱・ジョンソン投手。母役がいつもマスクを被る石原捕手。

子供役がドミニカカープアカデミー出身のバティスタ選手とフランスア投手。

だけどこちらのイラスト、バティスタ選手がドーピング違反で出場停止処分を受けたため

シーズン途中(8月半ば)に張り替えられました。

変わったあとはこちら。

ここからは写真を撮っていなかったので、ブログの読者様、インスタのフォロワー様から写真を提供頂きましたm(__)m

ラーメンを囲む2019年のヒーローたち

2019年に加入したラーメン大好き!レグナルト投手を中心に、

広輔くんに代わりにショートを守っていた高卒ルーキーの小園選手、

ケガから復帰して先発ローテを守る床田投手、

本職はキャッチャーだけど、打力を買われて外野手として1軍帯同中の坂倉選手!

シーズン真っ只中、まさに今活躍中の選手達が描かれていました。

宇宙に浮かぶ3選手

7枚目は宇宙服を着て、宇宙遊泳中の3選手。

會澤選手、野間選手、見切れてしまったのですが、左側に西川選手がいます。

カープ戦士が勢揃い

最後の8枚目は、宇宙服を着たカープの中心選手がズラリ!

丸さんの人的保障でカープにやって来た長野さんも早速登場!

(左から、長野選手、大瀬良投手、鈴木誠也選手、松山選手、菊池選手、田中選手)

以上が2019年のカープウォールでした。

個人的には、2018年、2017年に比べると斬新さが欠けた気がして。ちょっと残念でした。。

前の年ほど、写真を撮っている方を見かけなかったような気もします。

2019年シーズンを振り返る

こんなカープウォールが飾られていた2019年がカープにとってどんなシーズンだったか?

あらためて振り返ってみたいと思います。

リーグ成績は4位。0.5ゲーム差でCS出場を逃す

リーグ4連覇、今度こそ日本一を目指したシーズンでしたが、

今年は大型連敗もして、優勝したシーズンのように貯金が作れず。

あと1つ勝っておけば3位、CS出場できるという所でしたが

最後の最後で阪神に追い抜かれてしまい。今年は静かなシーズンオフでした。

スポンサーリンク

丸が抜けて、長野が加入。外野手西川の誕生!

今シーズンの大事件は何といっても、3連覇の中心選手だった丸さんがFAで抜けたこと。

そしてその人的保障で、ジャイアンツのスター選手だった長野さんがカープにやってきたこと。

丸さんが抜けたので、打順が大きく動くことは予想できたけど、

2番菊池、4番鈴木誠也以外は、緒方監督かなり打順を試行錯誤していました。

3連覇の疲れなのか、ピッチャー陣も打つ方も調子が上がらない選手が多い年でした。

ずっとチームを支えていた田中広輔くん、一岡くん、中﨑くんの離脱は特に大きかったと思います。

そんな中でも、誠也くんがついに首位打者を獲ったことと、外野手・西川龍馬が誕生したのは嬉しかった!!

丸さんが抜けたセンターは、野間くんが埋めるだろうというのがシーズン前のおおかたの予想だったけど

まさかサードから外野に転向した西川くんが守備でもバットでも結果を残して、シーズン後半はずっと「1番・センター西川」

初めての規定打席と、月間安打数の球団記録、先頭打者ホームランの球団記録まで塗り替えてしまいました。

 

2018年は、タナキクマルの下の世代が出て来たなぁ~くらいだったけど、

2019年は、鈴木誠也世代が球場を盛り上げていた印象です。

カープウォールの歴史

こんな感じで、他の年もまとめているので、良かったら見てください(^^)

カープウォール、2017年のテーマは動物園!【カープロードの歴史】カープウォール、2018年はちょいレトロなアメコミ!【カープロードの歴史】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 − five =