好きなものを、好きなだけ追いかけながら働きたい!

プロフィール

このサイトを運営している人

寺谷みずき(てらや みずき)

1983年広島生まれ、広島育ち。オタク気質のB型。フリーランス(個人事業主)。

東京でシステムエンジニア、コンサルタントとしてIT企業に勤める中で、一度しかない人生。好きなことを我慢せずに働きたいと思い、地元・広島に戻り、複業フリーランサーに転身。

現在の仕事は、企業から請け負ったシステム系バックオフィス業務(業務提携は現在3社)とIT系専門学校の非常勤講師(担当授業はWebデザイン)。

生まれながらの広島東洋カープの大ファンで、2016年のリーグ優勝をキッカケにカープファンブログを開始。

ブログをやっていることがキッカケになり、「働き方」についての講演をしたり、Cターン女子としてテレビ取材を受けたり。

様々なジャンルで仕事をしながら、大好きな「カープを観る」ことを中心にして生活している。

最近は広島市西区・LECTにあるネイルサロン、イツカキットデザインさんと一緒にカープ選手のネイルチップモザイクアートを制作中。

 

自己紹介

 

初めまして、寺谷みずきです!

 

わたしは現在、企業から請け負った仕事を自宅で対応したり、専門学校でWebデザインの授業をしたり・・・

地元である広島を拠点に複業フリーランサーとして働いています。

2017年までは東京のIT企業でシステムエンジニアとして働いていました。

11年間会社員生活をしていたのに辞めて、フリーランサーとして働き始めたのは、

大好きな「広島東洋カープをめいいっぱい見たい」と思ったことがキッカケです。

 

簡単に私の日常を紹介させて頂くと

  • プロ野球中継を見ることが何よりも最優先(18時にはテレビの前
  • たまに、球場で観戦する
  • プロ野球、睡眠、ご飯の時間以外は結構仕事している
  • 仕事が好き、お金を稼ぐことが好き
  • カープ以外の趣味はないので、カープか仕事、2択の生活
  • (カープに影響ないように)パソコンとインターネットがあれば完結する仕事をしている
  • 取引している企業は現在4社(東京2社・広島2社)
  • 仕事の打ち合わせは全部テレビ会議
  • 急にチケットをもらっても野球観に行けるように、15時以降は打ち合わせは入れない
  • 基本的に家で仕事をしているので、運動不足。。。
  • 個人事業なので、後輩がいない。社会と関わりたくて、専門学校の非常勤講師を引き受けた
  • ビジネスコミュニティに所属して、事業継続の勉強中
  • 広島の北の方で”会社を定年退職した父”と”お店を経営している母”と3人暮らし
  • プロ野球の異動日・オフシーズンが働き盛り

こんな形の、やりたいこと(プロ野球観戦)をメインにしながら、好きな時間に働くという生活をしています。

好きなことを優先しているので、遊んでいる風に見られがちなのですが、
プロ野球のシーズン中は野球を観る時間が増やして仕事を少なく、シーズンオフはその逆ができる、
どこでも、好きな時間に働ける仕事を選んだ、という形なので

会社員時代、平日9時~22時(残業多)に働いていたのと、今と、トータルの働く時間は同じくらいです。

ただ、私にとっては「カープが十分に見れる」というだけでストレスがゼロで、元々仕事も好きなので、働く時間は同じでも毎日の充実度が全然違う

プロ野球以外はやりたいこともないので、カープか、仕事か、という完全2択スタイルになっていて、周りからは「???」みたいですが(笑)

私はすごく楽しくやっています(^^)

 

私が今の生活を選んだ理由

 

私はサラリーマン家庭で育ったので、大学を出たら会社に就職をして・・・というごくごく一般的な人生を送ることしか頭にありませんでした。

だから、あまり何も考えずに高校・大学へ行き、「よっしゃ、キャリアウーマンになるぞー!」っと、会社に就職をしたのですが

実際に会社員になってみると、思ったより自分の時間がない。

周りも自分のやりたいことを諦めていたり、我慢しながら働いているという感じで、

「あれ?子供のころに想像してた自分の将来像と、全然違うぞ」と思いました。

じゃあどうやったら、自分に合った生き方ができるんだろう。そもそも私は、どうやって生きたいんだろう。

そんな自問自答を繰り返した結果が、私の今の生活です。

 

長くなりますが、会社員~フリーランスを選ぶまでの私の気持ちの変化を書いてみました。

 

子供の頃は好きなものコレクター

私は子供のころから、オタク気質な所があり、何事にもハマったらとことんハマる!というタイプでした。

今はカープが一番ですが、

小学生のころはキャプテン翼を読みまくってセリフを完コピしていて、1人劇ができるほどだったし

中学生のころはジャニーズにハマってました。お小遣いは雑誌(MYOJO、POTATO、Duetあたり)と生写真につぎこんでたなぁ。
(好きだったのはジュニアの人で、不祥事で脱退してしまったので名前は伏せます 笑)

高校生のころはディズニーにハマって、部活帰りにマクドナルドでハッピーセットのオマケを買い集めたり、部屋の壁をキャラクターのフィギュア(マジカルコレクション)や、ディズニービーンズ(780円で売られていた小ぶりのぬいぐるみ)で埋め尽くしてた。

大学生のころはRNAというファッションブランドにハマリ、バイト代をロックテイストの服やアクセサリーに全部つぎ込み(笑)

日韓ワールドカップの期間は、コカ・コーラについてた日本代表のフィギュアを集めて、車にベタベタ貼り付けていたり、

とにかく”コレクター体質”で、その時代その時代で、必死に好きなものを集める子供でした。

 

有休消化率100%の会社員

ずっと好きなものにトコトン生きてきたので、社会人になってもそれは変わらず。

というか、自分で稼いだお金が手元にあって、自由に使えるとなれば、好きなことへの情熱はさらに突き進む一方でした。

 

就職と同時に広島を出て、京都へ出た私は、友達も居なくてヒマだったので、
大学生の頃に男友達の影響でハマり始めたインディーズバンドのライブに、一人で行くようになりました。

ライブハウス通いをしていると、色んなバンドに出会います。

ある日、有名なバンドの前座を務めていた、自分たちだけではお客さんを10人くらいしか呼べないようなインディーズバンドが大好きになってしまい、
そのバンドのライブを観に、仕事の合間に西へ東へ追っかけをしていました。
(お客さんが少ないので、「私が応援しなきゃ」というファン心理もかなりありました 笑)

 

会社員として働いていると色々制限も出てくる・・・ハズなんですが、私の「インディーズバンドに対する熱さ」は相当で

 

寺谷みずき

ライブは絶対に行くよ!ライブが見られんなんて生きてる意味がない!

毎日そんな気持ちで会社へ通っていると・・・言わなくても周りにはバレるもんなんですよね^^;

仕事に厳しすぎると有名だった鬼上司ですらも、毎日コソっと私の予定を聞いてくれて、その日は必ず帰れるように、休みが取れるように協力してくれるようになって。
私はライブハウスに行かない日はめちゃくちゃ働くので、上司にしても私に協力する方が都合が良い・・・というか、自分の部下にはプライベートも楽しみながら、メリハリ付けて働いて欲しいと思ってくれる、理解ある上司だったので、

私もライブに行きながら、楽しく働きながら、という充実した生活ができていました。

 

理解ある上司のおかげで、社会人1年目から周りを味方にする術を覚えた私は、

東京に転職しても、また転職した次の会社でも、私はしっかりと好きなものに没頭しながら働ける環境を作りました。

その結果、10日以上の連続休暇は年に2回。有休消化率は100%

IT系企業にいるくせに、こんなトンデモナイ数字をたたき出す、恐ろしく要領の良い会社員に成長していました。

 

私の給料、安い!?

新卒で入社して8年目くらいまでは、それでも良かったんですが、

もうすぐ30歳、というあたりからジワジワと

寺谷みずき

もっと給料が欲しい

という欲が出てきました。

 

当時担当していたのがアパレルブランドのシステムで、毎日そこのブランドバックの売上を見ていると

世の中には毎年ものすごい金額をバックにつぎ込んでいる女性が、結構いることを知ったんです。

私もインディーズバンドを追っかけられるくらいの収入はあったけど(当時のお給料は手取り18万~30万。残業量によるので、大幅に変動してました)

世の中には私より年齢が若くても、ガッポリ稼いでいる人がいるんだわ・・・

普通に考えればわかるけど、趣味に夢中すぎて、これまでは周りのことが全く気にならなかったんです^^;

 

30歳目前、仕事が趣味に。

自分の給料が安いんじゃないか!?と思った瞬間、とことんハマる性格の私。

次の趣味は”目指せ昇給!!=(イコール)仕事”になりました。

ちょうど追っかけてたバンドも解散したところだったし、ちょうど良かった。

昇給のために、手持ちの仕事に加えて、社内イベントの幹事をしたり、新人育成プロジェクトに顔を出したり、社長の隣でチュー攻撃をかわしながら、ニコニコお酌をしてみたり。

「これやったら給料上がるかな?」と思うことは何でもやってみました。

そしてやっと、次の給与査定で昇給させてもらえることになったんですが、

結果は年収20万アップ(月収+約1万、ボーナス約+5万)。

正直な気持ちとしては

みずき

これだけやっても、給料こんだけか!!

でした。ブランドバックをボコボコ買ってるあの人たちにはまだ全然届かない・・・・

 

どうやったら給料上がる???

冷静に、周りを見渡してみました(遅)

寺谷みずき

うちの会社でガッポリ稼いでいる人って誰だ!? ガッポリっていくらくらい???

 

リサーチをしてみた結果、

お給料のベースが高いと言われている外資系や金融系から転職してきた人が、割とガッポリもらってる!ということがわかりました。

私含め、ほとんどが転職組の会社だったので、前の会社のお給料がまずベースになっている人がほとんどだったんです。

だから、仕事できないとレッテルを貼られている人でも、実はお給料がすごく多かった。

 

それに気が付いた私は、「私こんなに頑張っとるのに許せん(怒)」と燃え上がってしまい、

寺谷みずき

私はあの人よりこんなに成果を出しています。私があの人よりお給料が低い理由はなんですか!?

給与査定のたびに、数値入りの資料を上司にたたきつけていました。

 

今思えば、上司に対して困る行動を取る=昇給に繋がる訳がないので、私の行動はありえない(恥ずかしすぎる)んですが、

私はどうしても耐えられなくて。

私はここまで「好きなものは好き!」と、どちらかと言うと感情的に生きてきたので、お世辞とかウソが大の苦手だったんです。。。

 

カープ、セ・リーグ優勝

まだ私が、上司への「給料あげろ」行動が「昇給には逆効果だ」と気が付かない中、同じチームに新しい方が転職してきました。

こういう言い方はあれなんですが、端的に言うと、その方は上司のゴキゲンとりが、最強に上手だった!

私のお給料はあれよあれよと抜かされまして(笑)

寺谷みずき

会社で出世するのはこういう人なのか~納得。じゃあ私は昇給しなくていいや

 

会社での仕事はそこそこ、周りに迷惑をかけないレベルでやることにしました。

すると、3年くらいは本当に仕事ばっかりやっていので、仕事を頑張ることをやめたら、急に時間が余ってしまったんです。

 

ダラダラしながら、次は何をやろうかなぁ~と思い始めていた頃、

みずき

我が広島東洋カープが、四半世紀ぶりにセリーグ優勝!わあああああああ

カープの優勝に自分でもびっくりするくらい、興奮が収まらなかったんです^^;

 

私、カープファンだった

今でこそ、カープ、カープな毎日を送っていますが、私は2016年にカープが優勝するまで

自分がカープファンだと気がついていませんでした。

 

広島生まれ、広島育ちの祖父母と両親の元、私も広島で育ったので

カープはずっと身近な存在でしたが、あまりにも身近すぎて、、、、

私にとっては、カープは一般常識と言うか天気予報みたいな存在

見て当たり前。応援して当たり前。わざわざ口に出して言うことじゃない感じです。

 

だから、子供のころ何が好きだった?

と聞かれると「キャプテン翼」と答えます。カープは出てきません(笑)

 

「カープ大好き」という自覚のない私は、インディーズバンドの追っかけも忙しかったし

大学卒業して関西に住んで、東京に転職して、と広島を離れていると、カープの情報に自然に触れる事がないために

夜のスポーツニュースでチラっと結果と順位を見るくらいでした。

 

だけど、来たる2016年。

今年はほんまにカープが優勝するかもしれんね~って言われ始め、ほんまに優勝へのカウントダウンが始まって

みずき

ねぇ、ほんまに優勝する!ほんまに優勝する!カープがほんまに優勝する!いやったぁあああああああ!!!!

大人になって初めて経験する、好きなプロ野球チームの優勝。

これがあんまりにも嬉しくって!!私ってカープファンだったんだな!と自覚をしました。

 

不本意な辞令

久しぶりに仕事以外の趣味ができて、カープのことを書いたブログも開始。また仕事と趣味とでメリハリ付けて楽しくやっていこうと意気込んでいたのですが

会社で組織変更があり、私が一時は趣味にするほど楽しくやっていたプロジェクトの担当を外されることになりました。

お客さんの信頼を大きくした自信もあったし、正直、かなり悔しかったです。

 

異動先は、①残業当たり前!②仕事の持ち帰り当たり間!③少しの用事なら休日出勤優先当たり前!

新しい部署は残業や休日出勤ありきで仕事を進める人たちばかりの部署。

今までの私のやり方(周りをうまく巻き込んで趣味と両立)に持って行くのはかなり時間がかかると予想しました。

半年、いや1年くらいすればまた今までみたいに楽しく働けるかな・・・・

みずき

いーや!その期間カープの試合が見れんなんて、生きてる意味がない!

 

ってことで、スパっと会社を辞めることにしました。

 

働き方を変えてみて気が付いた

11年間も会社員をしていたので、幸い、元同僚や元取引先からあれよあれよと仕事が舞い込んできました。

もちろん会社を辞めたのでヒマ。せっかく向こうから言ってくれてるし、「私でお手伝いできることなら」と個人事業主として仕事を受けることにしました。カープを観る時間はきっちり確保しながら。

個人なので、相手の言いなりになる必要は全くなくて、働く時間も報酬がいくらが良いのかも、私の言い分を伝えたうえで働くことができる。

人生で初めて、誰にも雇われずに働いていると、だんだんと自分が何をしたいのかが見えてきました。

  • 私は好きなことを存分にやりたい!
  • 好きなことさえ、満足にできてれば、他のことは全く苦にならない。気にならない。
  • むしろ、なんでも頑張れる。
  • お金よりも好きなことをやることの方が大事。
  • 好きなことが存分にやれなくなったら、損得勘定で物事を考えてしまう
  • それがこじれると身体がまいる(突発性難聴経験者)
  • 「いまめっちゃ楽しい!」って思ってるときの自分が一番好き。
  • 「いまめっちゃ楽しい!」がないと、マジでヘタレ。最強にヤバい。
  • 「いまめっちゃ楽しい!」があると、めっちゃ要領が良い。仕事が超速。

まとめると、

私は私を好きでいるために、好きなこと「カープ」を存分にやれる環境に居たい。

毎日18時からカープが見られて、たまに球場も行けて、カープがない時はしっかり働けるスタイル・・・・

ということで、

私は、働く時間と遊ぶ時間を自由に決められる、フリーランス(個人事業主)という形態で

どんな場所でもできる、パソコンとインターネットを使った仕事を選びました。

 

雇われない生活

フリーランスなので、退職金もなければ、企業年金もない。将来の保証がありません。

今までの友達からは「うらやましいけど、自分には無理だわ」と言われますし、会社勤めをしている人に自己紹介をして、相手の顔は引きつらせたことも多々(笑)

クレジットカードも作れないし、お金も家も借りられないです。(フリーになってからやってないけど、多分審査通らないと思う)

 

でも今の私には、クレジットカードも家もお金も必要ないですし、初対面の人に引かれようがどうでもいいんです(笑)

私は好きなことを存分にできて、マイペースに働ける今が、すごくすごく幸せ(^^)

会社で、私はこんなに我慢して一生懸命やってるのに、なんであいつより給料が低いんだ!って怒ってた時の自分より、今の自分が断然好きなんです。

 

後悔しない人生にしたい

明日私の身に何かが起きて、急に動けなくなるかもしれない。

そんなときに「あれしとけばよかったな」と思うのは絶対に嫌だ。

 

「昨日あれやっといて良かったなあ!」と思って喜んで寝転がれるくらい、

「やりたい!」と思ったことは、即座に行動する自分でいることを心がけて、私は毎日を生きています^^

 

 

寺谷みずきのSNS

 

Twitter
ブログの更新情報とか、日常の気付きを、カープのこと多めでつぶやいています。
フォロー頂いた方で、プロフィールを書かれている方だったら(なんとなくお人柄がわかる方だったら)基本的にフォローバックさせて頂いています。

Instagram
私自身がうまく撮れたなーと思ったカープ選手の写真を更新しています。
ストーリー機能が(24時間しか残らないところを含め)好きなので、日常のふとしたことをたまにアップしてます。

LINE@
ブログの更新情報やアンケート、ネイルチップモザイクアート制作に関しての情報はLINEでしています。
(お友達になってくださる方は「@mizuki42」アットマークをつけて友達検索おねがいします!)